STS entertainment VOL.9

2018年8月3日(金)~8月5日(日)

朗読音楽劇『ポラーノの広場』

timeline_20180626_112143timeline_20180626_112144

〈チケット〉
日時指定・全席自由席
前売り3000円(1ドリンク付)
当日 3300円(1ドリンク付)

〈キャスト〉
瀧澤由舞
こすぎちか
渋谷恭子(奇数回のみ)
岩上弥生(偶数回のみ)
山根沙祐里
小島亜梨沙
益子実希
緒方七美
まきあづさ
角田玲映奈
村井健太郎

〈タイムスケジュール〉
①8月3日(金)12:30
②8月3日(金)16:00
③8月3日(金)19:30
④8月4日(土)12:30
⑤8月4日(土)16:00
⑥8月4日(土)19:30
⑦8月5日(日)12:30
⑧8月5日(日)16:00

〈スタッフ〉
原作:宮沢賢治
脚色・演出:齊木隆行
音響:齋藤粋生
照明:team S
音楽:大地
制作:渋谷恭子
チラシデザイン:BRIGITTE
企画・製作:STS entertainment

〈協力〉
劇団伍季風~monsoon~Sharing of Sound

〈会場〉
赤坂CHANCEシアター
東京都港区赤坂2-6-22デュオ・スカーラⅡB1F
TEL:03-3587-6888

map

〈あらすじ〉
昔、モリーオ市郊外の野原に、市民達が集って祭りを楽しんだというポラーノの広場があった。そこではよくコンサートやオーケストラがあって、どんな人でも上手に歌うことができるという伝説があった。

ある朝キューストが起きて飼っていたヤギを見にいくと脱走し町の郊外まで探しに行くと、ヤギを見つけてくれた少年のファゼーロと出会い、最近ポラーノの広場が復活したという話を聞く。キューストは10日後に羊飼いのミーロと三人でつめくさの灯をたどる探索をはじめるが、見つからない。あきらめかけていた5日後、ファゼーロがついにポラーノの広場を見つけ出したという。

しかし広場に到着すると、そこはデストゥパーゴ県議員らによる酒盛りの場であった。参加者による歌合戦が開かれる中、酔ったデストゥパーゴがファゼーロともめ事をおこし、食用のナイフで決闘する事に。

決闘は事なきを得たが、その夜からファゼーロが失踪してしまう。

失踪事件は警察沙汰となり、デストゥパーゴも行方をくらませてしまう。ファゼーロが見つからないまま夏を迎え、キューストは出張帰りに立ち寄ったセンダード市で、偶然にデストゥパーゴを見つけ、決闘の夜の事情を知る。彼は工場の経営に失敗してヤケ酒を飲んで、騒ぎを起こしただけであり、失踪には関わっていないと聞いて別れる。

ファゼーロは一体どこに行ったのか?

〈問い合わせ〉
http://sts-info.com/
mail:mail@sts-info.com